市原市の塗装業|総建塗工株式会社

暮しを塗り替えよう

塗り替え工事の目安

チョーキング

チョークの粉のように、外壁など塗膜を触ると手に付く症状。塗膜の寿命の目安となります。下地への負担が大きくなる前に、塗り替えを検討するタイミングとも言えます。


汚れ・変色

美観が損なわれる原因。長年に渡り外壁に付いた汚れや雨水が原因によって汚れが目立ち、直射日光の影響による元の外壁色からの変色が引き起こります。

 


ヒビ割れ(クラック)・浮き

塗膜や建材の長年の劣化によりヒビ割れや、塗膜に浮きの症状が出てきます。放っておくと雨水などの侵入により、下地が腐り大規模な修繕工事が必要になる可能性があるのでなるべく早期の塗り替え検討が重要です。


カビ・コケ

美観を損なわれてしまう原因になります。特に湿気の多いところや、塗膜が薄くなった屋根などに多くみられます。高圧水洗で除去出来きますが、蓄積され過ぎると跡が残りやすくなってしまいます。


錆(サビ)

鉄部などの錆。錆部分は放っておくと破損してしまう可能性があります。また、雨水などの水分と錆が混ざり外壁などその他建材を汚してしまう原因にもなってしまいます。


タイル欠損(変色・浮き)

その他の外壁よりも比較的に寿命は長い。しかし、欠損などが起こると、雨水の侵入などにより浮きなどの症状が出るのが早いのが特徴です。修繕工事が大規模になる可能性が高く、早期の診断依頼をされることをおすすめします。