26_9_2

日本の建物から検出されるカビ(真菌)は、200~300種と言われています。その中にはアレルギーや喘息などの、人の健康に害を及ぼすカビも多くいます。

私たちが、カビが発生したと確認できるのは、菌糸の先に黒や緑色等の胞子が増殖した時に初めて気がつくのです。カビの中には核があり、その核の周囲は強固なたんぱく質の一種で守られています。

市販のカビ取り剤では、この中心の核まで死滅させることは難しいため、また同じ場所にカビは繁殖してきます。

当社のエコクリーン工法は従来のハウスクリーニングとは異なり、カビ(真菌)や菌類を核から死滅させて除去し、更に防カビ処理を行い、長期間カビの発生を防止します。
使用する液剤、防護剤は人や動物にも安全無害なので、よりよい環境を提供しようと考えています。

化粧ブロックの門や塀がカビや菌類で黒く変色しているので元通りに戻したいが…